どのような降圧剤があるか?

ユニシアの特徴とは?

高血圧症状の治療薬には数多くありますが、その中でもユニシアは2種類の成分からなる、特徴的な薬剤とも言えます。その2種類とは、血圧を上げる作用をするアンジオテンシンU受容体拮抗薬としての成分と、カルシウムが細胞内に侵入することで血流を悪化させることを防ぐカルシウム拮抗薬としての成分です。2種類の特徴が融合しているために、「以前の薬では効果がなかった」と言う場合に用いられる薬剤で、高血圧だけでなく、心臓病や腎臓病の改善にも効果が期待されます。

 

ユニシアには副作用があります。例えば代表的なものとして、めまいやほてり、下痢、耳鳴りなどが上げられます。さらに低血糖症状がごくまれに出ることもあり、手の振るえなどがあれば注意が必要です。黄疸の症状や血小板の減少に伴う鼻血や歯茎からの出血などが現れる場合もあります。

 

ユニシアは多く服用すれば、すぐに効果が出るものではありません。それ以前に、自分自身の判断でユニシアの服用量を増やしてしまうと、重篤な副作用を招く可能性もあるために、処方をしっかり守るように注意しましょう。

インデラルの副作用とは?

高血圧を患っている人は血液の流れが悪いため、心臓に負担が掛かっていると言われています。そのために心臓に掛かる負担を軽減させるお薬を処方される場合があるのですが、このような働きを持ったお薬の一つにインデラルがあります。インデラルはβ遮断薬と言われていて、血圧を下げる効果や、狭心症の治療に用いられる事も知られています。心臓をしっかりと休ませてくれるような作用があるため、高血圧によって負担が掛かっている心臓の負担を軽減し、正常に働けるように導いてくれます。

 

ただ、インデラルを服用していく上で最も気を付けなければならないのは、独断で使用を中止してしまう事になります。独断で使用中止してしまう事によって、狭心発作などが反発的に起きてしまうケースがあるので、必ず医師の診断のもと、服用を続けていくようにしましょう。減量を行うにも必ず医師の指示が必要になりますので決して独断で減量したりするような事はしないでください。また、定期的に心電図を取ったり、血液検査などを受けながら、体内の状態と心臓の働きをチェックしていく事も必要になります。

 

インデラルを服用中に息苦しくなってしまったり、徐脈になってしまったりするような場合には早急に受診する必要があります。インデラルを服用して暫くは、気分が沈んでしまったり眠りにくくなったりするような事がありますので、こうした症状が現れた場合には医師に相談してください。この他手足が冷えてしまったり、痺れたような感覚、それから目の乾燥などがみられますが、このような副作用に関しても早い段階で医師に相談しておくと良いでしょう。

テノーミンの注意点とは?

循環器系の病気といえば、例えば不整脈や狭心症を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。とりわけ狭心症に関しては、心筋梗塞の予備軍ともされており、注意が必要となる病気です。

 

狭心症や不整脈の場合には、心臓を落ち着かせることが必要になります。血液を拍出する量を減らすことで、血圧を下げることで、病状の改善につながるのですが、その際に効果のある薬剤として、テノーミンが挙げられます。テノーミンを服用するに当たっては、副作用や注意すべき点があるため、きちんと医師の指示を守ることが重要となります。また、狭心症などの治療の際に、テノーミンが処方されたら、用量・用法をきちんと守ることが重要になります。自分だけの判断で、勝手に飲まなくなってしまうと、症状が急激に悪化することもあるのです。

 

また、テノーミンには副作用もあります。例えば、頭痛や喉の渇き、動悸、眠気などが挙げられます。妊娠中の方の場合、お腹の中のお子さんにも悪影響を及ぼす可能性もあるため、テノーミンの服用は避けたほうがいいとされています。

オルメティックの作用は?

高血圧症の方に血圧を下げる働きがあるがある薬剤としてオルメティックが挙げられます。オルメティックはオルメサルタンメドキソミルが主成分であり、血圧を上げる作用があるアンジオテンシンという成分の生成を抑制し、血管を広げることで血流を促進し、ひいては血圧を下げてくれるのです。オルメティックは高血圧症だけでなく、今では狭心症をはじめとした心臓病、さらには腎臓病にも効果があるとして注目されています。

 

ただし、現在服用中の薬がある方やアレルギーのある方は医師と相談する必要があります。また、妊娠中や妊娠の可能性がある場合はオルメティックの服用は禁忌となっています。

 

また、オルメティックには様々な副作用が現れる場合もあります。例えば、頭痛やめまい、急激な血圧の低下、かゆみ、貧血などが挙げられます。1日1回の服用で効果があるとされるオルメティックですが、もし服用後に副作用ではないかと気になる症状がある場合は、医師に相談してみることをおすすめします。